内田理央主演ドラマ「来世ではちゃんとします」第4話あらすじ | NewsCafe

内田理央主演ドラマ「来世ではちゃんとします」第4話あらすじ

芸能 モデルプレス/ent/broad/casting
塩野瑛久、内田理央/「来世ではちゃんとします」第4話より(C)「来世ではちゃんとします」製作委員会
【モデルプレス=2020/01/29】女優の内田理央が主演を務める、テレビ東京系ドラマパラビ『来世ではちゃんとします』(毎週水曜深夜1時35分~)の第4話が29日、放送される。

【写真】内田理央、“ハンサムな胸”大胆披露

◆内田理央主演ドラマ「来世ではちゃんとします」

原作はグランドジャンプ(集英社)にて連載中の同名作で「しんどいくらい共感」「リアル過ぎて心が痛い」など恋に悩む女性たちから共感の声が殺到。また作者であるいつまちゃんのTwitterは14万人以上のフォロワーを持ち、作品の感想だけでなく恋愛相談まで男女問わず寄せられる人気アカウントとなっている。

主人公・大森桃江は5人のセフレがいる性依存系女子。「セックスは金のかからない趣味」と割り切っている反面、本命の男性の彼女には決してなれないという事実にどうしようもない切なさと虚しさを感じている。

本作では現世は諦めた、恋愛観と性癖をこじらせたイマドキ男女の生態が赤裸々に描かれ、主演の内田のほか、太田莉菜、小関裕太、後藤剛範、飛永翼(ラバーガール)、塩野瑛久らが出演する。

◆「来世ではちゃんとします」第4話あらすじ

林勝(後藤剛範)がマッチングアプリで出会った美女・栗山凪(ゆうたろう)の正体はなんと男だった。林は困惑しつつも凪と会うことを決意する。凪の提案で林の自宅に行くことになった二人だが、突然、凪は林に抱きつき、二人はまさかの展開に…!

一方、日々、様々なタイプと関係を持つヤリマン・大森桃江(内田理央)とヤリチン・松田健(小関裕太)。ある日、そんな二人は会社の地下倉庫に閉じ込められてしまう。密室に二人きり…。二人の運命やいかに!?(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top