“TWICEの弟分”Stray Kids、初の日本語詞に挑戦 | NewsCafe

“TWICEの弟分”Stray Kids、初の日本語詞に挑戦

芸能 モデルプレス/ent/korean/talent
Stray Kids(提供画像)
【モデルプレス=2020/01/27】2PM、TWICEらを輩出した韓国JYPエンターテイメントの次世代ボーイズグループ・Stray Kids(読み:ストレイキッズ)が、日本デビューに先駆けJapanese ver.楽曲の3ヶ月連続配信することがわかった。第1弾は1月31日より先行配信される。

【写真】日本デビュー決定のStray Kids の魅力に迫る

◆Stray Kids、初の日本語詞に挑戦

3月18日の日本デビューを控え、第1弾として配信されるのは“NaNaNa”のフレーズとダンスが圧倒的で印象深い「My Pace -Japanese ver.-」で、初めて日本語詞に挑戦している。

なおAbemaTVでは、2月1日、同曲の配信を記念した特別番組『Stray KidsのMy Pace-1グランプリ』(よる8時~)を放送。「My Pace」の楽曲タイトルにちなみ、最もマイペースなメンバーを決めるため、メンバーにドッキリを敢行する。

そしてドッキリは、日本デビュー記念Stray Kids巨大プロジェクトの嘘の打ち合わせで繰り広げられ、メンバーたちの素のリアクションを見ることができる。

◆Stray Kidsとは?

Stray Kidsは、サバイバル・リアリティ番組「Stray Kids」を通じて選抜されたボーイズグループ。2018年3月に韓国デビューを果たし、新人としては異例の“新人賞 11冠”を達成したほか、2019年にはアジア、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパをまわるワールドツアー「UNVEIL TOUR ‘I am...’」を敢行し、全公演ソールドアウト。

さらに、2019年12月に発売したアルバム『Cle:LEVANTER』では、世界17の国と地域でiTunesアルバムチャート1位を獲得した注目の次世代ボーイズグループである。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top