優勝が消えた貴景勝、悔し涙をこらえる 花田虎上氏は優勝予想の貴景勝の敗退に「“デス予想”って言われちゃう」 | NewsCafe

優勝が消えた貴景勝、悔し涙をこらえる 花田虎上氏は優勝予想の貴景勝の敗退に「“デス予想”って言われちゃう」

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
優勝が消えた貴景勝、悔し涙をこらえる 花田虎上氏は優勝予想の貴景勝の敗退に「“デス予想”って言われちゃう」


大相撲初場所>◇十四日目◇25日◇東京・両国国技館

 大関・貴景勝(千賀ノ浦)が関脇・朝乃山(高砂)に上手投げで敗れ、3敗目(11勝)を喫した。これにより、貴景勝の今場所優勝の可能性がなくなった。

 立ち合いから突っ張っていった貴景勝。そのままの勢いで朝乃山を土俵際まで追い詰めるが、脅威の粘り腰で朝乃山が残す。追い詰められた朝乃山だが、左上手を取った瞬間に逆転し、そこからは朝乃山ペースに。貴景勝は1度目の投げはなんとかこらえたものの、2度めの投げはこらえきれず、朝乃山に軍配が上がった。

 取組後、勝てた相撲だっただけに悔しかったのか、貴景勝は土俵下で悔し涙こらえているような表情を見せた。


 AbemaTVで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「(貴景勝は)立ち合いはよかった。引かずに前に前に攻めていたんですけど、やはり上手を取られると朝乃山が一枚上手ですね。貴景勝は投げとかあまり打つタイプでもないので、こうなると朝乃山が有利ですよね」と取組を分析した。

 また、貴景勝を優勝候補にあげていた花田氏は「また私の予想が“デス予想”って言われちゃうじゃないですか」と視聴者の反応を心配していた。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより
 
《AbemaTIMES》

特集

page top