花田虎上氏、若ノ花への改名は「スポーツ紙で知った」 「プレッシャーで嫌だった」と当時の心境も吐露 | NewsCafe

花田虎上氏、若ノ花への改名は「スポーツ紙で知った」 「プレッシャーで嫌だった」と当時の心境も吐露

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
花田虎上氏、若ノ花への改名は「スポーツ紙で知った」 「プレッシャーで嫌だった」と当時の心境も吐露


大相撲初場所>◇十四日目◇25日◇東京・両国国技館

 この日、AbemaTVで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上氏が四股名を若花田から若ノ花に改名した際のエピソードを明かした。

 番組中に四股名の話が出た際に「私は引退するまでに変えたのは6回ですかね」と切り出した花田氏。「『若ノ花』(に改名)というのは、朝起きてスポーツ紙の一面を見て知ったんですけどね」と、改名を聞かされていなかったことを告白した。

 改名を決めたのは親方だったそうで、「朝起きて、付き人が『見て下さい関取!』ってスポーツ紙を持ってきたので、見たら『あれ、オレの名前変わってる!』って(驚いて)。状況が分からなかったので、父(元大関・貴ノ花の二子山親方)のところに行って『どういうことですか?』って聞いたら、『そういうことです』って言われて」と当時のやり取りを明かした。

 また「初代、二代目と大横綱ですので、その名前(若ノ花)を継ぐのはプレッシャーで嫌だなと思っていて、若花田で通そうと考えていたんですけどね」と、当時を振り返った。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより
 
《AbemaTIMES》

特集

page top