アインシュタイン河井ゆずる、相方・稲田直樹と“Wイケメン”ぶりが話題 ポジティブな漫才スタイルも人気 | NewsCafe

アインシュタイン河井ゆずる、相方・稲田直樹と“Wイケメン”ぶりが話題 ポジティブな漫才スタイルも人気

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
河井ゆずる(C)モデルプレス
【モデルプレス=2020/01/26】2019年に開催された「よしもと男前ブサイクランキング2019」で男前ランキングの3位にランクインしたお笑いコンビ・アインシュタインの河井ゆずる。相方の稲田直樹とともに“Wイケメン”と話題を呼んでいる。

【写真】“イケメン”な人柄で注目の相方・稲田直樹って?

◆河井ゆずる、トークライブは立ち見客続出

男前ランキングでEXITの兼近大樹、和牛の川西賢志郎に次ぐ3位となった河井。39歳とは思えない甘いベビーフェイスと、八重歯が印象的なクシャッとした笑顔、ギャップのある低音ボイスで女性ファンを中心に人気を集め、隔月で開催されるトークライブは、毎回完売し立ち見も出るほどだ。

実家が貧しく、プレハブの家に住んでいたという学生時代についてテレビ番組などで赤裸々に告白。男前が面白おかしく放つ数々の驚愕エピソードも魅力である。

ネット上では河井に対し「おもしろくてイケメン…最強だ」「かっこよすぎ」「アイドルみたいな輝きしてる」などの声が寄せられている。

◆稲田直樹「アメトーーク!」で特集も

一方「よしもと男前ブサイクランキング2019」のブサイクランキングで、圧倒的票数で頂点に輝いた稲田。

それとは裏腹に人気番組「アメトーーク!」(テレビ朝日)では、稲田の“内面のイケメンさ”に着目した特集「稲ちゃんカッコイイ芸人」が組まれるなど、持ち前のビジュアルと豊かな人間性で人気を博し、メディア露出を増やしている。

◆アインシュタイン、“おもしろい”דポジティブ”漫才が魅力

しかし、河井と稲田の人気の秘訣は“見た目”だけに留まらない。アインシュタインとして“芸”の実力でも抜きん出るものがあるのだ。

“ブサイク芸”を押し出すアインシュタインの漫才。ボケの稲田が、相方との関係について「双子です」とつぶやけば、ツッコミの河井はするどく「誰がや!共通点は人間(ということ)だけや」と一言。次々に河井から“見た目いじり”が繰り出されるも、稲田はポジティブな解釈でかわし、屈する様子は微塵もない。

痛快なツッコミが光る河井と、言葉巧みに明るく跳ね返す稲田から生まれる笑い。決して“嫌味”を覚えないアインシュタインの漫才スタイルに、ファンから寄せられるのは「おもしろい」という声はもちろんのこと、なかには「元気が湧いてくる」「心が温かくなる」というものも。笑顔だけではなく、勇気や希望を与えてくれる漫才でもあるのだ。

◆アインシュタイン、今後の飛躍に期待大

そしてコンビとして漫才頂上決戦「M-1グランプリ」では、2015年から4度にわたり準決勝に進出。決勝の晴れ舞台まであと1歩のところまで迫っている。関西の人気お笑い番組「オールザッツ漫才」(MBS)では2回の優勝を果たし、笑いの本場ではすでに確かな地位を確立する。

2019年は3月から半年に及ぶ初の全国ツアー実施、12月の「よしもと男前ブサイクランキング2019」での活躍と、ますます知名度をあげるアインシュタイン。河井、稲田の双璧が個人として、コンビとしてお笑い界を席巻する日も近いだろう。(modelpress編集部)

■河井ゆずる(かわい・ゆずる)プロフィール

生年月日:1980年11月28日
身長/体重:177cm/62kg
血液型:B型
出身地:大阪府 大阪市
趣味:飲酒、映画観賞
特技:英語

2010年に相方・稲田直樹とともにアインシュタインを結成。主な成績は「MBSオールザッツ漫才Foot Cut」優勝(2011年、2014年)、「NHK新人お笑い大賞」決勝進出(2015年)など。2019年3月~8月にかけて、初の全国ツアーを実施した。

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top