新ドラマ『シロクロ』に酷評の嵐! 戦犯は横浜流星か山口真帆か… | NewsCafe

新ドラマ『シロクロ』に酷評の嵐! 戦犯は横浜流星か山口真帆か…

芸能 まいじつ/entertainment
新ドラマ『シロクロ』に酷評の嵐! 戦犯は横浜流星か山口真帆か…

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 


1月12日、清野菜名&横浜流星がダブル主演を務める日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系)の初回が放送された。期待値が高い作品だったが、多くの視聴者を心底ガッカリさせてしまったようだ。


【関連】『おっさんずラブ』最終回に大批判!「今年ワースト」「あな番よりヒドい…」 ほか

この物語は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダの川田レン(清野菜名)と、彼女を操る男・飼育員さんの森島直輝(横浜流星)が、 Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつけるというもの。警察やマスコミが触れない隠れた真相を大胆に暴く〝新時代のシニカルミステリー〟と銘打っていた。


第1話は、〝整形手術の失敗を苦にして自殺したのではないか?〟などとウワサされるIT企業に勤める女性・愛菜(山口真帆)の死の真相を暴く展開。実は社長の江本(和田正人)が彼女にパワハラとセクハラを繰り返していたことが判明したため、ミスパンダは〝シロクロ摘出手術〟を行うと宣言。江本を成敗する様子を生中継していった。


《まいじつ》

特集

page top