初黒星の貴景勝に国技館はため息 「あっけなかった。ちょっと心配」解説の熊ヶ谷親方は貴景勝の状態を危惧 | NewsCafe

初黒星の貴景勝に国技館はため息 「あっけなかった。ちょっと心配」解説の熊ヶ谷親方は貴景勝の状態を危惧

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
初黒星の貴景勝に国技館はため息 「あっけなかった。ちょっと心配」解説の熊ヶ谷親方は貴景勝の状態を危惧


大相撲初場所>◇二日目◇13日◇東京・両国国技館

 大関の貴景勝(千賀ノ浦)が前頭二枚目の北勝富士(八角)に押し出しで敗れ、初黒星(1勝)を喫した。

 この日は埼玉栄高校相撲部の先輩である北勝富士との対戦となった貴景勝。立ち合いでは勢いよく当たっていったものの、北勝富士にうまくいなされてそのまま押し出されてしまった。国技館は期待の大関の初黒星に思わずため息がこぼれた。

 AbemaTVで解説を務めた元前頭・玉飛鳥の熊ヶ谷親方は「北勝富士の左からの攻めが良かった。左から突き落とすような形でいなして、右ののど輪で身体を起こして一気に出る」と北勝富士の相撲を分析した。

 また、敗れた貴景勝については「いつもの貴景勝(の相撲)からすると、あっけなかったかな。いなしとかにも強いと思うので、ちょっと心配ですよね」と状態を心配するコメントを残した。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより
 
《AbemaTIMES》

特集

page top