元大関・栃ノ心、12場所ぶり平幕も黒星発進…元若乃花「診断書がすごい数。あんなに書いたの初めて見た」 | NewsCafe

元大関・栃ノ心、12場所ぶり平幕も黒星発進…元若乃花「診断書がすごい数。あんなに書いたの初めて見た」

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
元大関・栃ノ心、12場所ぶり平幕も黒星発進…元若乃花「診断書がすごい数。あんなに書いたの初めて見た」


大相撲初場所>◇初日◇12日◇東京・両国国技館

前頭六枚目・栃ノ心(春日野)が、前頭七枚目・松鳳山(二所ノ関)に寄り切りで敗れた。12場所ぶりに平幕で迎えた本場所初日だったが、黒星になった。

 先場所、2度目の大関復帰をかけて戦ったものの肋軟骨骨折で途中休場となり、復帰へは一から出直しとなった栃ノ心。再び上位で戦うきっかけとしたい初場所だったが、初日は松鳳山の素早い動きに苦戦。相撲が長くなるにつれてペースを握られ、最後は寄り切られた。

 AbemaTVで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上は、「大関上がってから短かったですね。けがが多かった。診断書もすごい数です。あんなに書いたの初めて見ましたけど、まだ現役で踏ん張っていると思います」と、けがに泣く栃ノ心にエールを送っていた。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより)
《AbemaTIMES》

特集

page top