小倉智昭ズレまくり!“ブラック企業”擁護で炎上「老害ぶりが光る」 | NewsCafe

小倉智昭ズレまくり!“ブラック企業”擁護で炎上「老害ぶりが光る」

芸能 まいじつ/entertainment
小倉智昭ズレまくり!“ブラック企業”擁護で炎上「老害ぶりが光る」

(C)まいじつ 


2020年初の月曜日となった1月6日。この日を皮切りに、テレビ各局は年末年始の特番モードから通常運行に戻り始めた。さらに、各局のニュース番組が「退職代行サービス」をこぞって特集し、ネット上でも話題になっている。


【関連】『とくダネ!』打ち切りの決定打? 小倉智昭の2019年“ズレ過ぎ”事件簿 ほか

「退職代行」とは、勤務先からの退職に関する一切の交渉を業者が引き受け、依頼者が職場とやり取りすることなく仕事を辞められるサービス。昨今、ネット上では大きな注目を集めており、利用者が〝仕事始め〟のタイミングに急増していることから、各局で同時に特集されることとなった。


中でも、1月7日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)は取材が丹念で、まさに仕事始めだった放送前日に、ともに退職代行を利用したという夫婦のインタビューを音声加工した上で放送。また、代行を請け負う法律事務所や代行を使われた企業のインタビューも放送し、辞める側と辞められる側、双方の立場に立ったVTRを流していった。


《まいじつ》

特集

page top