清木場俊介、デビュー20周年となる2021年に日本武道館公演の開催を発表 | NewsCafe

清木場俊介、デビュー20周年となる2021年に日本武道館公演の開催を発表

芸能 E-TALENTBANK
清木場俊介、デビュー20周年となる2021年に日本武道館公演の開催を発表

12月14日(土)東京・東京国際フォーラム ホールAにて開催された清木場俊介の全国ホールツアー「KIYOKIBA SHUNSUKE ROCK&SOUL 2019-2020 “CHANGE”」東京公演にて、2021年2月13日(土)に日本武道館公演を行うことが発表された。

本公演のステージを終え、清木場が舞台を後にする中、暗転した会場のスクリーンに突如“特報”の文字が現れ、デビュー当時からの映像が映し出される。そして、“清木場俊介 日本武道館 公演決定!”の文字が映し出されるや否や、悲鳴にも似た歓声が湧き上がった。

清木場俊介が日本武道館公演を行うのは、2011年4月24日以来、約10年振りとなる。当時、東日本大震災の影響で、開催も危ぶまれていたが、自身も「多くの仲間たちが震災で苦しんでいる中、唄い続けることが本当に良いことなのだろうか?」と葛藤するなかで、「少しでも多くの人の心を元気にしたい」という想いで開催された。また、2021年は清木場がデビューをしてちょうど20周年にあたる年でもあり、ファンからも「おめでとう!!唄い続けてくれてありがとう!!」「行くしかない」「チケットをなんとしても取らなきゃ」とSNS上でも祝福の声があがっている。

この日、発表された特報映像は清木場俊介の自主レーベルであるUTAIYA RECORDS UNITEDオフィシャルYouTubeチャンネルにて観ることができる。

本ツアーは、2年半ぶりとなるホールツアーで、11月16日(土)宮城・仙台銀行ホール イズミティ21大ホールでの公演を皮切りに、来年1月13日(月祝)福岡・福岡市民会館大ホールまで全7公演が行われる。年内に行われる大阪公演は既にチケットがソールドアウト。1月11日に誕生日を迎え、40歳になって最初のライブとなる愛知、福岡公演もチケットが残り僅かとなっている。

《E-TALENTBANK》

特集

page top