2019年12月9日は『スーパー桃太郎電鉄3』発売から25年! コラム「メカボンビーが私に教えてくれたこと」 | NewsCafe

2019年12月9日は『スーパー桃太郎電鉄3』発売から25年! コラム「メカボンビーが私に教えてくれたこと」

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
2019年12月9日は『スーパー桃太郎電鉄3』発売から25年! コラム「メカボンビーが私に教えてくれたこと」

2019年12月9日は『スーパー桃太郎電鉄3』発売から25年! コラム「メカボンビーが私に教えてくれたこと」


みんなで遊べるパーティーゲームの皮をかぶった友情破壊ゲーム『桃太郎電鉄』。本日2019年12月9日は、『スーパー桃太郎電鉄3』が発売して25年目だ。


本作は対キングボンビー兵器メカボンビーが初めて登場した作品。そんなメカボンビーは、子供だった私に実に色々なことを教えてくれた


・友情破壊と呼ばれる所以
基本的にはゴールを目指し総資産で順位を決めるボードゲームである桃鉄。プレイしたことがある人ならば、キングボンビーのエゲつなさは知っていることだろう。コツコツ蓄えたカードや資産を根こそぎぶっ飛ばされ、1位からぶっちぎりの最下位になることなど日常茶飯事だ


ちなみに、このキングボンビーは他のプレイヤーと同じマスに止まるか、追い越すことによってなすりつけることが可能。そのため、キングボンビーが爆誕するとゲームの雰囲気は一変する。仁義なきキングボンビーのなすりつけ合いが始まるのだ。鬼は死を意味する地獄の鬼ごっこである。


もちろん、そこに普段の友情など介在する余地はない。誰もが死と隣り合わせの戦場だ。騙したり騙されたりは当たり前、時にはゲーム外のことやヒエラルキーも含めて交渉が行われたりも。桃鉄が「友情破壊のゲーム」と呼ばれる所以である。


・待ち望んでいた存在

《ロケットニュース24》

特集

page top