るねちょ『ポプ戦』脱落し心境を明かす「自分を磨き直す期間」 | NewsCafe

るねちょ『ポプ戦』脱落し心境を明かす「自分を磨き直す期間」

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
るねちょ『ポプ戦』脱落し心境を明かす「自分を磨き直す期間」



堀越琉音公式ブログよりスクリーンショット

 ガールズファッション誌『Popteen』とAbemaTVの公式連動番組『第3次Popteenカバーガール戦争』で行われた中間総選挙の結果を受け、出演モデル達がアメブロ上でそれぞれの心境を明かしている。

 “ポプ戦”とも呼ばれる同番組は『Popteen』との公式連動企画で、雑誌の表紙を飾る『専属モデル』の1ランク下に位置する『レギュラーモデル』と、全国オーディションで選ばれた新メンバーが同誌の表紙を飾る専属モデルを目指していくという内容だ。11月29日には中間総選挙の結果が発表され、投票数の少ないメンバーは脱落することとなった。

 脱落組となった“るねちょ”こと堀越琉音は、「沢山拡散してくれたり、応援してくれてたのにその期待を裏切ってごめんね」とファンに謝罪。「モデル経験全く無しで初心者なるねに着いてきてくれてありがとう」(原文ママ)と感謝を述べ、「もっと頑張ってれば縮められたんじゃないかなって後悔してもしきれなくて、、脱落が本当に悔しくて」と正直な気持ちを述べた。

 しかし一方で、「でもPOPは大好きだしこのまま終わりたくない。まずは『レギュラーモデル』になる事を目標に今から頑張っていきます!」とコメント。「今回の脱落は自分を磨き直す期間だと思って、モデルさんに必要な『ポージング』『表情』など沢山練習します!!」「絶対変わって成長を見せます」と意気込んだ。

 同じく脱落組となった“あやもち”こと橋本彩花は、「メンバーの1人として出演させて頂けた事に本当に感謝しています」と感謝を述べたうえで、「Popteenの専属モデルになりたいという事は変わりません」「だからまずはレギュラーモデルを目指して、頑張っていきます!」とコメント。

 “みかん”こと樽井みかは、「第2次で1回脱落を経験してる私なのに何で学ばないんだよ」と悔しさをにじませ、「もっともっと戦略法を考えれば良かった。2回目はもうない。そう思ってたのに全部全部口だけで、皆んなに迷惑かけて」(原文ママ)と自責の念を吐露。「もうポプ戦に出演する事はできない、残すのはSNSでの発信、誌面で活躍する事」「ポージングの練習も必死に頑張って1ページでも多く載れる事と、『ポプ戦の時のみかんより変わった?』って思ってもらえる事を目標にします」と決意を述べた。
《AbemaTIMES》

特集

page top