田中将大がウブロ主催のチャリティーイベントに登場 千葉県への寄付金を決めるチャレンジに子供たちと挑戦 | NewsCafe

田中将大がウブロ主催のチャリティーイベントに登場 千葉県への寄付金を決めるチャレンジに子供たちと挑戦

スポーツ SPREAD
田中将大がウブロ主催のチャリティーイベントに登場 千葉県への寄付金を決めるチャレンジに子供たちと挑戦

12月2日、スイスの高級時計ブランド『ウブロ』は明治神宮外苑・室内球技場で『ウブロ×田中将大チャリティーイベント~Pray for CHIBA~』を開催した。


本イベントは今年9月に発生した台風15号と、10月に発生した台風19号によって大きな被害を受けた、千葉県被災地への支援を目的としたチャリティーイベント


ウブロアンバサダーを務める田中将大投手(ニューヨーク・ヤンキース)がゲストとして登場した。


田中将大がサンタの格好で子供たちにプレゼント


イベントには20人の小学生が参加。冒頭では田中投手がサンタクロース姿で現れるサプライズもあり、会場からは拍手と歓声が起こった。


田中投手が自身のサインボールを1人1人に手渡しでプレゼントすると、受け取った子供たちは嬉しそうな表情でサインボールを眺めていた。


プレゼントを渡し終えた田中投手は「今年は日本で数多くの災害が起き、ヤンキースのチームメイトからも心配の声を掛けられていました。そこで帰国したら何かアクションを起こしたく、ウブロさんに相談をしてチャリティーイベントを実施させていただくこととなりました」とイベント開催の経緯を説明した。


チャレンジを通し、チームで協力する大切さを教える


イベントでは金額の書かれた大小の的をめがけてピッチングを行い、当てた的の合計で千葉県へのチャリティー金額が決まる『ターゲットチャレンジ』を実施した。


事前準備のキャッチボールでは、田中投手が子供たちに投球術を伝授。「(キャッチボールは)相手に対する思いやり、相手の取りやすい球を投げることが大切ですね」と優しくアドバイスしていた。


当初は代表の10人が参加する予定だったターゲットチャレンジだが、「1つのチームだからみんなで投げないと!」という田中投手の一声で全員がチャレンジ見事に全ての的を射抜いた


田中投手からは、チーム一丸となって協力し合う大切さも語られた。


「全員で同じ目標に向かったからこそ目標を成し遂げることができたと思います。励まし合ってひとつのチームになっていました


チャレンジ達成で獲得した150万円の寄付額は、NPO法人千葉県少年野球連盟に野球道具として寄付される予定。


2020年は勝負の年「一番高い景色を見てみたい」


トークセッションでは「なかなか良い投球が続かず悔しい1年だった」と今年を振り返った田中投手。


ヤンキースとの契約最終年を迎える来季については「勝負の年」と位置づけ、「今まで見たことのない一番高い景色を見てみたい」と意気込みを語った。


参加した子供たちに向けては「個人で様々な目標を持っていると思うけど、全てが上手く行くわけではない。遠回りや失敗を繰り返すことで達成感が大きくなると思う」とエールを送っていた。


《SPREAD》

特集

page top