美ボディタレントのスケスケファッションに小沢が怯える「すごく怖い」 | NewsCafe

美ボディタレントのスケスケファッションに小沢が怯える「すごく怖い」

芸能 AbemaTIMES/バラエティ
美ボディタレントのスケスケファッションに小沢が怯える「すごく怖い」
 12月2日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、元アイドルでパーソナルトレーナーの柳本絵美が個性的すぎる私服を披露した。


 今回は「第5回 女性準レギュラー決定戦 筋肉美女大会」と題して、美ボディ自慢の川村虹花、才木玲佳、餅田コシヒカリ、柳本の4人がゲストとして登場し、ゲームなどを通して準レギュラーの椅子を争った。


 柳本は元アイドルだったが、肉体改造をして「ベストボディジャパン2017」のグランプリを獲得。自慢のパーツはウエストからヒップにかけてのラインとのことで、番組で美しいボディラインを披露。4年前のぽっちゃりとした体形の写真も紹介して「内面も変わりました」と、当時の内向的な性格から前向きになれたことを明かしていた。


 「私服コレクション」と題したコーナーでは、出演者たちの私服をチェックすることに。柳本が登場すると、胸元や脚の横の部分がスケスケという個性的なファッションで、小沢は「この私服すごく怖い」と困惑。「西暦何年から来た? 未来の私服じゃん」とイジって、柳本を苦笑させていた。

 柳本は服のコンセプトを「待ち合わせをしても遠くからわかる服」と説明。井戸田が「それをポイントとしてるの!?」と驚いたが、柳本は「100メートル先からでもわかる服を着ていたいんですよ」と、自信満々に語っていた。

 番組の最後に準レギュラーを視聴者投票によって決めたが、柳本は惜しくも落選。ファッションをスピードワゴンにさんざんイジられたこともあり「この私服が駄目だったのかな……」と嘆いていた。
 
《AbemaTIMES》

特集

page top