日テレが氷川きよしを完全に“オネエ”扱い! 編集に「悪意あり過ぎww」 | NewsCafe

日テレが氷川きよしを完全に“オネエ”扱い! 編集に「悪意あり過ぎww」

芸能 まいじつ/entertainment
日テレが氷川きよしを完全に“オネエ”扱い! 編集に「悪意あり過ぎww」

(C)まいじつ 


近ごろの〝イメージチェンジ〟が話題になっている演歌界のプリンス・氷川きよしが、11月16日放送の『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)2時間SPに出演。ネット上で、氷川に対する編集上の扱いが話題になった。


【関連】氷川きよしの“プライベート写真”に驚き「女子力が高過ぎる!」 ほか

ロケゲストとして登場した氷川は、同番組園長の志村けんとともに、かつて番組レギュラーだった天才チンパンジー・パンくんが飼育されている動物園へ。冒頭のトークでは「デビューして3カ月のときに『タケシムケン』という番組に出させていただいて…」との思い出話も飛びだし、「デビューから10カ月で『NHK紅白歌合戦』に出させていただいて、北野武監督と志村師匠に応援に出ていただいた」と、志村にはデビュー当初から世話になっているという過去も明かされていった。


さらに、志村とたけしは翌年の「紅白」でも氷川の応援ゲストとして出演し、氷川によると同シーンは瞬間最高視聴率52.4%をたたきだしたとのこと。これを聞いた志村が「あらま!」と驚きを現すと、氷川も「あらま!」と返した後、「そうなのよ」と相づちを打っていった。


《まいじつ》

特集

page top