「国民皆保険なくなる」日米貿易協定承認案可決ではびこる不安の声 専門家「“TPPお化け”と同じ」 | NewsCafe

「国民皆保険なくなる」日米貿易協定承認案可決ではびこる不安の声 専門家「“TPPお化け”と同じ」

政治 AbemaTIMES/政治
「国民皆保険なくなる」日米貿易協定承認案可決ではびこる不安の声 専門家「“TPPお化け”と同じ」


 19日の衆議院本会議で賛成多数で可決された、日米貿易協定の承認を求める議案。協定では、アメリカから輸入される牛肉や乳製品の一部など農産品にかかる関税をTPP(=環太平洋経済連携協定)並みに引き下げることが盛り込まれている。

 一方で、日本の工業品の関税を引き下げられることも含まれているが、野党側は自動車関税の交渉内容が不平等ではないかと批判。安倍総理は今年9月のアメリカ側との最終合意の際、「両国にとってウィンウィンの合意」と語っていた。しかし、今回の交渉内容について、貿易政策に詳しい明治大学農学部の作山巧教授はこう評価する。

 「私も6年前まで政府で交渉をしていたが、非常にがっかりしている。こういうものをあっさり可決していいんだろうかという疑問がある。畜産分野への影響は非常に大きい。消費者は値段を重視するし、加工食品に使われたり外食に使われたりするものもあるので、国産か輸入かわからないところは多い。“国産を応援します”といっても、それで全部カバーできるわけではない」


 また、「自動車・自動車部品については関税撤廃がなされる」という茂木外務大臣の発言について、撤廃の前提がアメリカ側の認識と食い違っていると指摘するのは元経産官僚で中部大学の細川昌彦特任教授。
《AbemaTIMES》

特集

page top