葵わかな、朝ドラ撮影後の“やらかした”思い出を告白「自分が本当に恥ずかしい…」 | NewsCafe

葵わかな、朝ドラ撮影後の“やらかした”思い出を告白「自分が本当に恥ずかしい…」

芸能 E-TALENTBANK
葵わかな、朝ドラ撮影後の“やらかした”思い出を告白「自分が本当に恥ずかしい…」

11月19日放送の日本テレビ系『バゲット』に葵わかなが出演。過去に出演したNHK連続テレビ小説『わろてんか』にまつわるエピソードを語った。

【別の記事】葵わかな、朝ドラ『わろてんか』スピンオフも撮了報告に「さみしい」「お疲れさま」の声

番組の中で、“仕事やプライベートで1番忘れられないことは?”という質問が出されると、葵は「2年前に朝ドラを経験させてもらって」「クランクアップの瞬間は忘れられないですね」と切り出した。

続けて「もんぺ(姿)だったんですけど」「絶対に泣くだろうと思って、前日に…泣いてるハンカチの姿も写真にきっと撮って残ることになるから、もんぺに合うハンカチを自宅で選手権して」「最終的に白のハンカチをもんぺのポケットに入れて」と振り返った。

さらに「ラストシーン撮って『クランクアップです』ってなって、コメントを言うんですけど、まったく涙が出なくて」と明かし、「喜びが強かったんですよね。やりきった!みたいな」「ここ(ポケット)から出してキレイな色にしようって思ってた自分が本当に恥ずかしい」と苦笑いしながら語った。

《E-TALENTBANK》

特集

page top