ヤフー×LINE会見、孫会長は前面に出さず GAFAと「大きな差」示した意味 | NewsCafe

ヤフー×LINE会見、孫会長は前面に出さず GAFAと「大きな差」示した意味

社会 AbemaTIMES/経済・IT
ヤフー×LINE会見、孫会長は前面に出さず GAFAと「大きな差」示した意味


 経営統合を発表したIT大手のヤフーと通信アプリ大手のLINEは18日、共同記者会見を開き、両社長がお互いの会社のイメージカラーのネクタイで登場するなど相思相愛ぶりをアピールした。

 統合によって、合わせて1億人規模の利用者を抱える国内最大級のIT企業が生まれることになる。また、将来的にはLINEがトップシェアを誇るタイや台湾などアジアを足がかりに、アメリカや中国の巨大IT企業に次ぐ世界“第三極”を目指したいとしている。

 統合の最大の目玉とされているのが、アプリ1つで生活全般を支える“スーパーアプリ”だ。その中身について、ITジャーナリストの石川温氏は「今アプリはいろいろな機能で分散しているが、1つのアプリ、例えばLINEさえ立ち上げればどんなサービスも使えるという戦略」だと話す。


 ヤフーの川邊社長は会見で、今回の経営統合は自分たちが主導して進めたものと話している。ZOZOがヤフー傘下に入る際の会見では、サプライズとしてソフトバンクグループの孫正義会長が登壇したが、今回はあえて孫氏を前面に出さなかったのか。「ソフトバンク=孫さんとなっているので、そういったイメージで見られたくなかったのでは。孫さんと(ZOZO前社長の)前澤さんは、一説には一緒に風呂に入ったという仲らしいので、あのような関係が見せられたんだと思う。ヤフー側からすると、あくまでも自分たちが主導したというアピールだった」と石川氏。


 会見の中では、世界の大企業との規模を比較し「大きな差をつけられている」と説明する場面もあった。これらの企業がGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)や中国のアリババ、テンセントを指していることは明確だが、石川氏は「この資料をあえて出してきたのはひとつインパクト。時価総額を見ると企業規模は違いすぎるので、ヤフーとLINEが一緒になっても対抗するのは難しいと思う」と指摘。一方で、「追いつかなくてもいいと思っていて、日本のユーザーが安心して便利に使えるネットサービスを作ってほしい」と期待を寄せる。

 また、BuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏は「GAFAや中国企業に対抗するにあたって、日本でこれだけやらければならないということを示すのがひとつ。もうひとつ穿った見方をすれば、独占禁止法などへの疑問がある中で、このデータを出すことで規制当局に対して『海外勢に比べれば自分たちはずっと小さな存在だ』とアピールしたとも取れる」との見方を示した。


 ヤフーとLINEの経営統合でもうひとつ注目されているのが、ネットニュース界が激変するのではないかということだ。ヤフーニュースのサービス責任者も歴任してきた川邊社長は、両社のニュース配信サービスを併存させるかについて、「すべての統合が果たせた後に考えていく」「両者ともユーザーに愛されているので切磋琢磨していければ」「日本のジャーナリズムがより健全で発展的になっていくためのひとつの場として、貢献してくれることを期待している」と述べている。


 ヤフーニュースについて街の若者に聞くと「あまり見ない」という声も聞かれるが、石川氏は「ユーザー層がはっきり分かれていて、ヤフーニュースはパソコン中心で年齢層が高め、一方のLINEニュースはスマホ中心で若い人たちが見ている。(経営統合で)バランスは非常にいいのでは」と分析。


 神庭氏は「ニュースのプラットフォームはいろいろあって、最近はパーソナライズも進んでいるが、ヤフーニュースは多くの人が目にする“トピックス”をあえて人力で選んでいる。ある種、ネットのマスメディアとして大きな役割を果たしている」としつつ、両社がニューストップページに経営統合の関連記事を出さないよう自制したことに触れ、「自社の宣伝だらけにならないように、基本的に載せないという方針は間違いではないと思う。ただ、今回のような大きなニュースの場合は、前例踏襲にこだわらず、せめて一報だけでもあってよかったのでは」と指摘した。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
 
《AbemaTIMES》

特集

page top