“ハンバーグ師匠” 井戸田潤がピコ太郎から教わった「キャラ設定時のルール」 | NewsCafe

“ハンバーグ師匠” 井戸田潤がピコ太郎から教わった「キャラ設定時のルール」

芸能 AbemaTIMES/芸能
“ハンバーグ師匠” 井戸田潤がピコ太郎から教わった「キャラ設定時のルール」
 お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤が19日、都内で行われたJA全農とちぎ『大嘗祭開催記念 とちぎのおいしいお米』お披露目イベントに出席。“ハンバーグ師匠”として登場し、ピコ太郎に教わったという、キャラクターで活動するときのルールを明かした。


 この日、井戸田は、とちぎのおこめ特別広報を担当するタレントの佐藤美希と「ハンバーグ定食」を結成。二人は、「先ほど栃木のお米を食べたんだ。ハンバーグとの相性も抜群で大満足だ!これだったら、七合、八合、いや、一生(一升)分食べられるね」(井戸田)「とちぎまい~!」(佐藤)と、息の合った一等米ジョークを披露した。


 井戸田は「完璧に炊きあがってますね。小沢(一敬)さんが忙しいときは営業回れますね!」と手応えを感じた様子で、記者からの「小沢さんと佐藤さん、相方はどちらがいい?」という質問にも「いろんな意味でサトミキがいいです」と回答。「事務所も同じなので、いろんな土地を一緒に回るというね。大至急アッコさんに報告しに行かないと。うちのトップに。一番炊き上がっているから」と営業にも前向きな姿勢で、佐藤も「こういう方がいるとすごく心強いので、今後も機会があれば」と再びの「ハンバーグ定食」に意欲を見せた。


 しかし、その後、井戸田が佐藤を制する場面も。それは、井戸田が記者より歌手デビューしたことについて聞かれた際のこと。
《AbemaTIMES》

特集

page top