沢尻エリカ容疑者、違法薬物を「長年使っていた」 芸能人のメンタルヘルスを脅かす不安と孤独 | NewsCafe

沢尻エリカ容疑者、違法薬物を「長年使っていた」 芸能人のメンタルヘルスを脅かす不安と孤独

芸能 AbemaTIMES/国内
沢尻エリカ容疑者、違法薬物を「長年使っていた」 芸能人のメンタルヘルスを脅かす不安と孤独


 俳優の沢尻エリカ容疑者(33)が16日、東京・目黒区の自宅マンションで合成麻薬「MDMA」約0.09グラムを所持していた疑いで逮捕された。

 捜査関係者によると、沢尻容疑者は違法薬物を「長年にわたって使っていた」という趣旨の供述をしていることがわかった。また、警視庁への取材で沢尻容疑者が「これまで大麻、MDMA、LSD、コカインを使用していた」と話していることがわかり、警視庁は日常的に違法薬物を使っていた可能性があるとみて調べを進めている。


 MDMAは別名「エクスタシー」と呼ばれる、覚醒剤に似た化学構造を持つ合成麻薬。多幸感や高揚感、一体感などが強まり、男女関係やパーティーなどで悪用されることが多い。一方で、精神の錯乱や内臓の機能障害、不安・不眠、異常な高熱や低ナトリウム血症など死に至るケースもあるという。
《AbemaTIMES》

特集

page top