緊急搬送のゆきぽよ、今度は目に異変?医師が喝 | NewsCafe

緊急搬送のゆきぽよ、今度は目に異変?医師が喝

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
ゆきぽよ(C)モデルプレス
【モデルプレス=2019/11/19】18日放送のTBS系バラエティ番組「名医のTHE太鼓判!」(よる7時~)に、ド派手ギャルモデル“ゆきぽよ”こと木村有希が出演。前回の同番組では密着収録中に緊急搬送となってしまったゆきぽよに、今度はギャル必須のカラーコンタクトが原因となる症状があることが明かされた。

【写真】美ボディ&美脚あらわな衣装で登場したゆきぽよ

◆ゆきぽよ、今度は目に異変?

今回は、出演者の目に着目した同番組。眼科は学生時代を最後に「人生で2回しか行ったことがない」というゆきぽよだが、この日医師には、撮影でいつもより眩しく感じるような症状があることも告白。

実際に検査してみると黒目に小さな傷がつく点状表層角膜炎や、黒目の酸素を補充するために白目から血管が伸びるパンヌスという症状があることが医師から伝えられると、驚きの表情を浮かべていた。

◆マンスリーを何ヶ月も…装用は一日中のゆきぽよに医師が喝

実はこういった症状は、ギャルメイクの必需品のカラーコンタクトの間違った使い方をしていることが原因だという。カラコンを「起きて速攻入れちゃう」「寝るときだけ(外す)。それまでずっとつけています」というゆきぽよは、長時間すぎる利用時間に加え「マンスリーのやつなんですけど、半年くらい使ってます」と規定期間以上カラコンを利用するなど、使い方に問題が。「だめです!」「それは相当大きい原因です!」と医師に一喝されてしまうこととなった。

装用時間や使用期間を守り、定期的な眼科での検診もすすめられているコンタクトの利用。今回、悪い見本となってしまったゆきぽよだが、そのおかげもあってかネットでは「やば、私も何ヶ月もマンスリー使ってるわ…目医者さん行こう」という書き込みもあるなど、ファンたちへの良い啓発の機会となったようだ。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top