「たまたま玉鷲の足が揃った」元若乃花、勝った高安の状態を不安視 | NewsCafe

「たまたま玉鷲の足が揃った」元若乃花、勝った高安の状態を不安視

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
「たまたま玉鷲の足が揃った」元若乃花、勝った高安の状態を不安視


大相撲九州場所>◇七日目◇16日◇福岡・福岡国際センター

 大関の高安(田子ノ浦)が前頭四枚目の玉鷲(片男波)を突き倒しで下し、3勝目(4敗)をあげた。

 カド番ながらここまですでに4敗と、怪我した左肘の影響か万全ではない相撲が続く高安。AbemaTVで解説を務める元横綱・若乃花の花田虎上は、高安の前日の取組を振り返り「当たれてるけど、左手が全然使えてない」と、左手の状況が万全ではないと分析した。

 この日も立ち合いから玉鷲の圧力に負け、一気に土俵際まで押し込まれるが、玉鷲の両足が揃いバランスが崩れたところを見逃さず、そのまま突き倒した。花田は「使えない左手をよく使っていましたね」と高安について一定の評価はしたものの、「相撲は玉鷲のほうが勝ってたんですよ。攻めていたし」と内容では圧倒されていたことを指摘。

 また花田は「たまたま玉鷲の両足が揃って、後ろに重心が行ったんで倒すことができた。勝っても万全じゃないですね」と続け、高安の状態に不安を感じている様子だった。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより)
 
《AbemaTIMES》

特集

page top