長谷川京子“脱ぎたがり”止まらず…「下品なだけ」「痛々しい」の冷めた声 | NewsCafe

長谷川京子“脱ぎたがり”止まらず…「下品なだけ」「痛々しい」の冷めた声

芸能 まいじつ/entertainment
長谷川京子“脱ぎたがり”止まらず…「下品なだけ」「痛々しい」の冷めた声

(C)まいじつ 


女優の長谷川京子が、〝道なき道を行く異端児〟に送られる賞『ザ・マーベリックス・オブ 2019』の女優部門を受賞した。11月14日、都内で行われた授賞式に出席したのだが、その際の衣装が〝過激だ〟などとして、ネット上では冷めた声が続出している。


【関連】41歳・長谷川京子“脱ぎたがり”爆発の写真集に呆れ声「欲求不満なの?」 ほか

「マーベリック(Maverick)」の定義は、主宰するメンズ雑誌『エスクァイア』によると〝道なき道を行き、型破りで、革新的。誰も成し遂げたことのない領域を軽々とやってのける異端者〟とのこと。長谷川の他に、俳優の満島真之介やお笑いコンビの『ミキ』が受賞し、会場を彩った。


長谷川は、ネイビーのストライプスーツに、無造作でざっくりとした巻き髪姿で登場。ボタンが留められたジャケットの隙間からは、長谷川の胸元が大胆に露出しており、そんな〝長谷川スタイル〟に報道陣も度肝を抜かれたようだ。長谷川はコメントで「何かの一番ではなく、オンリーワンになりたいと昔から思っていました」と、根っからの〝異端児〟であることをアピールし、喜びの表情を浮かべていた。


《まいじつ》

特集

page top