決まり手は股割り?バレリーナ?炎鵬、敗れるも驚異な粘りと柔軟性で館内から拍手喝采 | NewsCafe

決まり手は股割り?バレリーナ?炎鵬、敗れるも驚異な粘りと柔軟性で館内から拍手喝采

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
決まり手は股割り?バレリーナ?炎鵬、敗れるも驚異な粘りと柔軟性で館内から拍手喝采


大相撲九州場所>◇六日目◇15日◇福岡国際センター

 前頭六枚目・炎鵬(宮城野)が、前頭八枚目・松鳳山(二所ノ関)に上手出し投げで敗れ2敗目(4勝)を喫したが、驚異的な粘りと柔軟性で、館内のファンを喜ばせた。

 松鳳山は過去3回対戦して白星なしと苦手な相手。場所前には「(相撲が)うまいですね。自分にとって大きな壁だと思っているんですが、いつかは乗り越えたい」と意気込んでいた。2度目の立ち合いから、一時は優勢になった炎鵬だが、相性の悪さか松鳳山の反撃にあうと、最後は押しつぶすような上手出し投げをくらった。

 ただ、ここからでもファンを盛り上げるのが人気力士の理由。苦しくなっても体勢を低くし、さらには大きな足を広げて粘ると、そのまま両足は広がる一方。最後はほぼ180度開脚のような格好で、尻から土俵についた。

 この様子にAbemaTVの視聴者からはコメントが殺到。「柔軟体操」「バレリーナ」といった声のほか「土俵の上で股割り」「きれいすぎる」と、小兵ながらもなかなかけがをしない体を作る柔軟性を称えるコメントも多かった。解説を務めた元小結・旭道山も「この柔らかい足!おれは無理!足、よく伸びますね」と感心するばかりだった。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより)
《AbemaTIMES》

特集

page top