1日2回も突き落とされた…千代大龍の災難に視聴者から「デジャブ」「リプレイ」 | NewsCafe

1日2回も突き落とされた…千代大龍の災難に視聴者から「デジャブ」「リプレイ」

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
1日2回も突き落とされた…千代大龍の災難に視聴者から「デジャブ」「リプレイ」



大相撲九州場所>◇六日目◇15日◇福岡国際センター

 前頭十一枚目・千代大龍(九重)が、前頭十五枚目・大翔丸(追手風)に、1日に2度突き落とされるという珍事に見舞われた。

 両者、時間いっぱいから鋭くぶつかると、大翔丸が咄嗟の突き落とし。千代大龍は、大きな腹から、土俵に倒れ込んだ。だが、行司の軍配も大翔丸に上がったが、勝負審判は「手付き不十分」と見て、取り直しに。勝負がついたと思った館内からは、どよめきと拍手が起きた。

 2度目の立ち合いはやや長引いたが、再び大翔丸の突き落としに、千代大龍はばったり。またも倒れ込んだことに、AbemaTVの視聴者からは「デジャブ」「決まり手同じ」「リプレイ」といった声が多数寄せられた。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより)
《AbemaTIMES》

特集

page top