千鳥大悟が「東京までの切符が5年遠のきました」と語る賞レースでの失敗とは? | NewsCafe

千鳥大悟が「東京までの切符が5年遠のきました」と語る賞レースでの失敗とは?

芸能 E-TALENTBANK
千鳥大悟が「東京までの切符が5年遠のきました」と語る賞レースでの失敗とは?

11月13日放送のAbemaTV『チャンスの時間』に千鳥が出演。過去の賞レースでの失敗談を明かした。

【別の記事】千鳥大悟、“憧れの先輩”ダウンタウンとの緊張の初対面を語る「おもろないと思われたら…」

番組では「キングオブコント このカマシいけますか?選手権!」と題し、今後賞レースの決勝に残りそうな芸人たちが、ネタ以外のトーク部分などでの“カマシ”をシミュレーションする企画が行われた。

この企画を受け、大悟は「これは非常に大事です」「逆にここで売れる人もいれば、ここで売れなくなる人もいます」「テレビ局はネタ以上にこっちを見てます」と、その重要性を語った。

さらに、大悟は自身の過去の賞レース出演において「そっから東京までの切符が5年遠のきましたね」と語るほどの経験があるとして、敗退が決まってコメントを求められる場面で、カメラに向かって「これでテレビに出るのは最後かな」と言って、笑顔でダブルピースを出したと説明。

しかし、そんな大悟にノブはツッコまず「生放送で時間がショートしたら、もう1本やらせてくださいよ」とボケのつもりでコメントして、他の出演者を困惑させてしまったという。ノブは「マジで結構、東京のテレビスタッフたちは『こいつらイタいやつ』みたいになっちゃって…そっからホンマに遠のいたな」「賞レースの最低はあそこじゃない?千鳥の」と振り返った。

《E-TALENTBANK》

特集

page top