「私に会うとき?」井口綾子、次長課長・河本の「勝負下着」発言に天然発揮/ミッドナイト競輪 | NewsCafe

「私に会うとき?」井口綾子、次長課長・河本の「勝負下着」発言に天然発揮/ミッドナイト競輪

スポーツ AbemaTIMES/スポーツ
「私に会うとき?」井口綾子、次長課長・河本の「勝負下着」発言に天然発揮/ミッドナイト競輪


 お笑いコンビ・次長課長の河本準一とタレントの井口綾子が、Abema競輪チャンネルの「WinTicket ミッドナイト競輪 松戸 F2 最終日 第2回東京電設工業杯」の生放送に登場。河本の“勝負下着”発言に、井口が恥ずかしい勘違いをしてしまった。

 お互いに黒い衣装で登場した井口と河本。中でも河本は「秋冬にかけてですからこれくらいに大人な感じで」とツナギの袖を腰で巻くおしゃれなスタイルで登場。このコーディネートを見せようと立ち上がると、突然ハプニングが起きる。

 ちょうど袖を結んだ位置になにやら赤い色のものが見え隠れ。すると河本がつなぎ目を持ち上げて、その赤い色の部分を指差しながら「ここはパンツです」とまさかの一言。大爆笑の井口は「しまってくださいよ!!」と言いつつも「でも赤が割とかわいいですね」とノリノリ。「でも見たくない」と女の子らしく恥じらいを見せた。


 それでも河本は赤い下着の部分を見せたまま「ここはバミューダ海域。魔のトライアングルですね」と笑いに走る。そんなやりとりの影響から井口は「赤が脳裏に……」焼きついてしまったようだ。

 そこで河本が「僕、勝負下着ですよ」と告白すると、井口はなぜか「えっ!?  私に会うときですか?」と勘違い。河本はこれを見逃さず「なんであやちゃんと会う時に勝負下着なんですか? オープニングからその気になるのはやめてください」と言い放つと、スタジオは大爆笑となった。

 恥ずかしい勘違いをしてしまった井口だったが、この日の競輪ではそこそこの成績を残す。第1レース、第2レースでそれぞれ11.3倍と11.4倍の2車単を的中させると、第4レースでも10.9倍の2車単を的中させる。

 その後はガミってしまう場面もあり、最終的にはマイナス収支となるも2万2595ポイント(円)から1万6308ポイントと微減に留めて、回収率は72%を記録した。
(AbemaTV/「WinTicket ミッドナイト競輪」より)
 
《AbemaTIMES》

特集

page top