嵐が国民祭典で奉祝曲を披露、天皇陛下御即位を祝う【歌詞全文】 | NewsCafe

嵐が国民祭典で奉祝曲を披露、天皇陛下御即位を祝う【歌詞全文】

芸能 AbemaTIMES/国内
嵐が国民祭典で奉祝曲を披露、天皇陛下御即位を祝う【歌詞全文】


 9日、皇居正門前広場にて天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典が行われ、国民的アイドルグループの嵐が奉祝曲の第三楽章「Journey to Harmony」を披露した。

 安倍晋三内閣総理大臣が祝辞を述べた後、作曲・菅野よう子氏、作詞・岡田惠和氏、ピアノ・辻井伸行氏らによる奉祝曲の組曲「Ray of Water」が披露された。第一楽章「海神(かいしん)」、そして第二楽章「虹の子ども」の演奏後半で舞台前に登場した嵐は、正門石橋の天皇皇后両陛下に向かって深々と一礼。およそ5分間の第三楽章「Journey to Harmony」を歌い上げると、天皇皇后両陛下は終始和やかな表情で奉祝曲に聞き入っていた。

 今回の国民祭典の一般招待には47万4176人の応募があり、その中から1万人が当選した。これまでに上皇さまの天皇即位・在位をお祝いする祭典や式典においては1999年(即位10年)にX JAPANのYOSHIKIさんが奉祝曲「Anniversary」を演奏。2009年(即位20年)にはEXILEが奉祝曲「組曲 太陽の国」で歌とダンスを披露。2019年(在位30年記念式典)では三浦大知さんが「歌声の響」を歌っている。
《AbemaTIMES》

特集

page top