窪田正孝も苦笑い!? 朝ドラ『エール』脚本家“電撃交代”の裏事情… | NewsCafe

窪田正孝も苦笑い!? 朝ドラ『エール』脚本家“電撃交代”の裏事情…

芸能 まいじつ/entertainment
窪田正孝も苦笑い!? 朝ドラ『エール』脚本家“電撃交代”の裏事情…

(C)Ollyy / Shutterstock


俳優の窪田正孝が主演を務める2020年度前期放送のNHK連続テレビ小説『エール』の脚本家が、突如交代すると発表された。異例の交代劇の理由について、業界に詳しい専門家たちの間では〝ある疑惑〟が浮かび上がっている。


【関連】広瀬すず“子供好き”告白に疑惑の目「炎上の影響?」「掲示板見てる?」 ほか

同作品は、昭和時代に人々の心に寄り添う数々の曲を生み出した作曲家・古山裕一とその妻・関内音(二階堂ふみ)の物語。脚本家に、これまで『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』、『BOSS』(ともにフジテレビ系)などを執筆した林宏司氏を迎え、去る9月ごろからクランクインしている。順調に撮影が進んでいるのかと思われた矢先、11月5日に突然〝脚本家交代〟が発表されたのだ。一体、どういうことなのだろうか。



二人の作風が合いそうにない…懸念が現実に


《まいじつ》

特集

page top