「『涼宮ハルヒ』が世界を変えた」古参アニメオタクが語る “社会の変化” と “その理由” | NewsCafe

「『涼宮ハルヒ』が世界を変えた」古参アニメオタクが語る “社会の変化” と “その理由”

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
「『涼宮ハルヒ』が世界を変えた」古参アニメオタクが語る “社会の変化” と “その理由”

「『涼宮ハルヒ』が世界を変えた」古参アニメオタクが語る “社会の変化” と “その理由”


京都アニメーションの出世作として知られているアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』。美麗な作画と細かい動き、そして何よりその世界観は、現代アニメの礎を築いた作品と言っても過言ではない


しかし、古参アニメオタクによると本作は単なる大ヒット作ではなく社会を変えた作品だという。その心は?


・古参オタが感じる現代のアニメオタク
「顔出し、名前出しなし」という条件で話を伺ったのは30年以上深夜アニメを見続けてきた仮名・宅郎さん。ガチガチの古参オタである彼は、現代のオタクに人種の違いを感じているのだとか。


宅郎「今って、深夜アニメも一般的な趣味の1つとして認められている感じがするじゃないですか。GLAYのHISASHIさんはじめ有名人の方が深夜アニメについて言及したりするし」


──確かに、我々が高校生だった20年前はそんなことはほとんどなかったですね。


宅郎「そう、深夜アニメを見ていると知られたら問答無用で “気持ち悪い”。社会にも学校にも居場所なんてなかった。そのため、アニメオタクはみんな隠れキリシタンのように生きていました


現在もそういう雰囲気が完全になくなったわけではないですが、やはり当時とは重さが違います。今は普通の人が “オタク” を自称し、うまくやれば話のタネやステータスになることもある時代ですから。見た目やキャラは普通だけど実はオタクというギャップが良いという価値観が生まれてます。


それは我々の時代のオタクにはいなかった人種。オタク界の新人類です。我々の時代はそもそも見た目やキャラが普通の人がほぼいなかった。人間関係などが、普通の人のようにウマくできないからアニメにのめり込むという入り口の人が多かったですし」


──本当に時代が変わりましたね。


・社会を変えた作品

《ロケットニュース24》

特集

page top