コーヒーには挽いたゴキブリが含まれている可能性が極めて高いらしい | NewsCafe

コーヒーには挽いたゴキブリが含まれている可能性が極めて高いらしい

面白ネタ・雑学 秒刊サンデー/雑学

毎日コーヒーを飲む方はたくさんいるかと思います。朝起きて、昼の休憩、深夜落ち着いて・・・などなど、一体誰が考案したのかコーヒーは我々の生活に密着しているわけですが、そんな身近なコーヒーの信じられない事実が話題となっているようです。特にコーヒーを粉などから淹れる方は悩みどころです。

コーヒー粉末の中にゴキブリが混入する恐れがあるらしい

実はコーヒーを飲む人のなかでしばしばアレルギーを起こす人がいるということです。普段飲んでいるのに突如アレルギー。これは納得がいかないわけですが、これにはとんでもない事実があるようです。

どうやらコーヒー豆を挽く瞬間、なんとゴキブリがすり抜けてしまう可能性があるということなのです。確かに豆を狙ってゴキブリが混入する恐れは極めて高く、その豆と一緒にゴキブリが粉砕されるなんてことはありえます。

モンタナ大学の生物学教授であるダグラス・エムレン教授は、この問題に出くわし、度々酷いアレルギーに悩まされていたということです。

しかしゴキブリはいつどこに潜んでいるのかわからず、全てを完全に排除することは、もはや不可能。つまり、高い確率でコーヒーを飲む人はゴキブリを飲んでいるのと同じであるということです。

ホテルのコーヒーメーカーも想像を絶する状態でとても飲めませんが

もし、コーヒーで酷いアレルギーを起こすという方は、もしかしたらゴキブリに反応している可能性もあるようなので、今後は缶コーヒーなどを試してみるといいのかもしれません。結果的には全て排除というのは難しいのかもしれませんね。

掲載元

《秒刊SUNDAY》

特集

page top