嵐ファンの女子や少年も…多重人格者・haru氏、生放送中に人格が続々と入れ代わる | NewsCafe

嵐ファンの女子や少年も…多重人格者・haru氏、生放送中に人格が続々と入れ代わる

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
嵐ファンの女子や少年も…多重人格者・haru氏、生放送中に人格が続々と入れ代わる
 19日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、「解離性同一性障害」いわゆる多重人格者であるharu氏が、番組収録中、実際に人格の変化を見せる場面があった。


 haru氏は自身のメインの人格である「主人格」以外に10の人格を持っているとのことで、人格の入れ替わりについては自身がコントロールできないと語った。それぞれの人格が興味を持つ話題などになると、自然と人格が交代するそうだ。

 登場時から「主人格」としてトークを展開していたharu氏だったが、番組の途中から突然別人格である「洋祐(23歳)」に入れ替わっていたと告白。竹山も「顔つきがちょっと変わったな」と、変化を感じていたことを明かした。


 事前の打ち合わせで、数学・物理が好きな人格「悟(13歳)」に物理関連の本をプレゼントすることを約束していたそうで、番組スタッフが本を持ってくると、「洋祐」は突然モジモジとした仕草をする「悟」に交代。「量子力学が好きです」と話す「悟」は、「洋祐」と全く違う動作、話し方となっていた。


 さらに、アイドルグループの嵐と過去に仕事をしたことがある番組スタッフが嵐の話題をふると、今度は16歳の女性で嵐のファンだという「結衣」に変化。「大野くんだ、すごい」と嬉しそうに笑顔を浮かべると、動画を視て「ワー!」と歓声を上げた。


 その後は「結衣」がトークを続けていたが、番組の終盤には人格は再度「洋祐」に戻り話を総括。放送中にharu氏の主人格が戻ってくることはなかった。
《AbemaTIMES》

特集

page top