「共感されたいなんて思ってない」弘中綾香アナが語る、等身大の言葉を発信し続ける理由【インタビュー】 | NewsCafe

「共感されたいなんて思ってない」弘中綾香アナが語る、等身大の言葉を発信し続ける理由【インタビュー】

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
「共感されたいなんて思ってない」弘中綾香アナが語る、等身大の言葉を発信し続ける理由【インタビュー】


 かねてよりラジオ番組を持つのが目標だと語っていたテレビ朝日の弘中綾香アナウンサーは今年4月、局の垣根を超え「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)にゲスト出演し大きな反響を呼んだ。7月末には冠番組「ひろなかラジオ」(AbemaTV)をスタートさせ、フルスロットル・等身大の姿でトークショーを繰り広げ視聴者の心を掴むと、8月末日には「弘中綾香のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)で念願のパーソナリティも担当。局のアナウンサーとしては異例の展開となった。

 アナウンサーという職業は、”仕事は台本通り話せばいい”という側面もある。しかし、弘中アナはこれらの番組ではすべて自分の言葉で視聴者に思いを伝えてきた。そんな弘中アナの発言は、時に”毒舌”と評されることもあるが、世間から批判されること・共感されないことへの恐怖を感じることはないのだろうか? 今の本音を聞いた。
《AbemaTIMES》

特集

page top