広瀬すず“大本命”からの大失速…『紅白歌合戦』紅組司会落選の理由 | NewsCafe

広瀬すず“大本命”からの大失速…『紅白歌合戦』紅組司会落選の理由

芸能 まいじつ/entertainment
広瀬すず“大本命”からの大失速…『紅白歌合戦』紅組司会落選の理由

(C)まいじつ 


10月17日、今年の大みそかに放送予定の『第70回NHK紅白歌合戦』の司会陣が発表された。紅組司会に女優の綾瀬はるか、白組司会に『嵐』櫻井翔、総合司会は3年連続で内村光良となった。綾瀬は4年ぶり三度目、櫻井は単独では2年連続二度目となる。


【関連】広瀬すずの“性格の悪さ”をNHK公式ツイッターがさらして話題に ほか

事前予想では、紅組はNHK朝ドラ『なつぞら』が高視聴率だった広瀬すずが有力視されていた。


「広瀬の司会は、ほぼ決定といわれていましたが、土壇場で綾瀬に変更になったようです。広瀬に関しては、昨年の紅白でも新鮮な司会ぶりが評価されていましたが、ここに来て、ネット上に流布する〝悪評〟をNHK上層部が嫌ったといわれています。朝ドラも視聴率こそ高かったのですが、支持していたのは中高年以上で、若年は早々と見るのをやめていましたからね。バラエティー番組での数々の失言や、〝あざとい〟といわれる性格から、『20代女性の嫌いな若手女性タレント』でトップを飾るなど、今では嫌われキャラの代表格となっています。さすがに2年連続で紅白の司会はないということでしょう」(芸能記者)


《まいじつ》

特集

page top