CSファイナル第4戦の両軍スタメン 阪神は5番・大山 巨人は阿部が2戦連続先発 | NewsCafe

CSファイナル第4戦の両軍スタメン 阪神は5番・大山 巨人は阿部が2戦連続先発

スポーツ フルカウント
阪神・大山悠輔(左)、西勇輝【写真:荒川祐史】
■阪神は負けるか引き分けで敗退

■巨人 – 阪神(CS・13日・東京ドーム)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は13日、東京ドームで行われる。巨人、阪神両チームのスタメンが発表された。

 巨人は高橋優貴投手が先発。ドラフト1位で入団した今季、阪神戦では5試合を投げて防御率1.98と好相性だ。打線は阿部が一塁で2試合連続の先発。

 阪神は1stステージ第1戦でも先発した西勇輝が上がる。前回登板ではわずか12球で3失点、ピッチャー返しが左足に直撃して1回途中に負傷交代となっていた。今季巨人戦では5試合で投げ0勝2敗。打線では第3戦で勝ち越し弾を放った大山が打順を上げて5番に入り、陽川が「8番・左翼」で先発入りとなった。

 第2戦まで巨人はアドバンテージ含む3勝0敗としていたが、第3戦で阪神がついに1勝をもぎとった。負けるか引き分けで阪神は敗退が決まるため、日本シリーズ進出には4連勝が必須。セ・リーグでは過去12回のCSファイナルで、リーグ3位のチームが連敗で突破した例は一度もない。
《Full-count》

特集

page top