西武、CSファイナル第4戦目で初めて初回無失点 本田が上々立ち上がり | NewsCafe

西武、CSファイナル第4戦目で初めて初回無失点 本田が上々立ち上がり

スポーツ フルカウント
CS第4戦に先発登板している西武・本田圭佑【写真:荒川祐史】
■これまで3試合連続で初回に失点していた西武

■西武 – ソフトバンク(CS・13日・メットライフ)

 西武の本田圭佑投手が13日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦で先発し、初回にソフトバンク打線を無失点で抑え、上々の立ち上がりを見せた。西武はここまで3試合全てで初回に失点しており、4試合目にして初めて初回をゼロで乗り切った。

 第1戦は松田宣の先制右越え二塁打で2点を失い、第2戦、第3戦はいずれも中村晃の適時打で初回から失点を重ね、序盤から苦しい展開を強いられてきた西武。この日は先発の本田が初回に1死から今宮に中前安打を浴び走者を背負ったが、後続の柳田を直球で二ゴロに仕留めると、4番・デスパイネを得意のチェンジアップで三ゴロに打ち取り無失点で凌いだ。

 3連敗で後がないが、小野投手コーチは「行けるところまで全力で行ってほしい」と本田の力投に期待を寄せていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)
《Full-count》

特集

page top