【MLB 優勝決定S】田中将大、大一番でも冷静さ光る 監督も絶賛「彼は重要な舞台で力を発揮する」 | NewsCafe

【MLB 優勝決定S】田中将大、大一番でも冷静さ光る 監督も絶賛「彼は重要な舞台で力を発揮する」

スポーツ フルカウント
敵地でのリーグ優勝決定シリーズ初戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
■アストロズを6回1安打無失点と制圧、6回68球での交代には「彼は疲れてきていた」

■ヤンキース 7-0 アストロズ(優勝決定シリーズ・日本時間13日・ヒューストン)

 ヤンキースの田中将大投手は12日(日本時間13日)、敵地で行われたアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦でポストシーズン(PS)通算5勝目(2敗)を挙げた。レギュラーシーズンで107勝を挙げた相手を6回1安打無失点4奪三振1四球と“制圧”。ヤンキースは6-0で先勝し、アーロン・ブーン監督は試合後に「彼は本当に良かった」と田中を絶賛した。

 またも大一番で仕事を完璧にこなした田中。敵地での第1戦という重要な試合で、絶大な勝負強さを誇る田中に先発マウンドを託したブーン監督の選択は正解だった。期待に応える6回1安打無失点の快投。アストロズ打線は手も足も出ず、田中にとって最後のイニングとなった6回を3者凡退に抑えると、敵地ミニッツ・メイド・パークは沈黙に包まれた。
《Full-count》

特集

page top