西武が手痛い2連敗、中盤以降猛追も届かず 辻監督「前半の失点が大きかった」 | NewsCafe

西武が手痛い2連敗、中盤以降猛追も届かず 辻監督「前半の失点が大きかった」

スポーツ フルカウント
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
■先発の今井が3回途中6失点で降板、鷹に2試合連続で2桁安打許す

■ソフトバンク 8-6 西武(CS・10日・メットライフ)

 西武は10日、本拠地で行われたソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ(CS)パ」ファイナルステージ第2戦に6-8で敗れ、痛すぎる2連敗を喫した。

 先発の今井が3回持たず6失点と試合を作れず降板し、序盤から苦しい展開に。打線は4回に外崎のチーム初ヒットとなる左越えソロで1点を返し、5回には中村の適時二塁打などで一気に3点を奪って3点差に詰め寄ったが、6回に3番手・マーティンがグラシアルに2戦連発となるソロアーチを許し突き放された。

 なんとか追いつきたい西武は7回に中村の遊ゴロの間に1点、8回に秋山の右前適時打で1点をそれぞれ返し、9回には守護神・森に対して一打同点の好機を作ったが得点できず。投手陣は9日の第1戦に続いて2桁安打を許し、さらに8四球を与える大乱調。ソフトバンク打線の勢いを止めることができなかった。
《Full-count》

特集

page top