鷹が2連勝で2勝1敗、5番で中村晃が2ラン含む3打点 「思い切っていった」 | NewsCafe

鷹が2連勝で2勝1敗、5番で中村晃が2ラン含む3打点 「思い切っていった」

スポーツ フルカウント
3回に2ランホームランを放ったソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】
■4回までに7得点、西武の猛追を交わして逃げ切る

■ソフトバンク 8-6 西武(CS・10日・メットライフ)

 ソフトバンクは10日、敵地メットライフドームで行われたパ・リーグ王者・西武との「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージ第2戦に8-6で勝って2連勝。西武のアドバンテージを含めて2勝1敗とした。

。初回、いきなり2死一、三塁のチャンスを作ると、5番の中村晃が右前適時打を放って1点を先制。2回には牧原の右犠飛で1点を追加した。3回には中村晃が無死二塁で2ランを放つなど一挙に4点を加点。西武先発の今井をKOすると、4回には内川の適時打で1点を加えてリードを7点に広げた。

 2点差に迫られた8回2死一塁では守護神の森が登板。後続を断つと、イニングをまたいだ9回もしのいで逃げ切った。

 ヒーローの中村晃はお立ち台で「思い切っていこうと思った。二塁に走者がいたので最低でも進められるようにいった結果ががよかった」とうなずき、「西武打線は何点あっても油断できない凄いチーム。全員で勝てた試合だし、明日(11日)も勝てるように頑張りたい」と力を込めた。

 西武は7点のビハインドから追い上げたが実らなかった。先発の今井が3回途中6失点と誤算で、手痛い2連敗を喫した。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top