【MLB 地区S】前田健太、まさかの終戦に「凄く悔しい」 圧巻の3者連続三振、4戦無失点救援も無念 | NewsCafe

【MLB 地区S】前田健太、まさかの終戦に「凄く悔しい」 圧巻の3者連続三振、4戦無失点救援も無念

スポーツ フルカウント
地区シリーズ第5戦に3番手で登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
■延長10回にケリーが満塁弾を浴びて敗戦、世界一ならず「自分の仕事はできた」も…

■ナショナルズ 7-3 ドジャース(地区シリーズ・日本時間10日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手は9日(日本時間10日)、ナショナルズとの地区シリーズ第5戦の8回途中から3番手として登板し、3者連続三振の快投を見せた。救援登板のカーショーが2者連続ホームランを浴びて同点とされた直後にマウンドに上がり、ムードをガラリと変える快投。しかし、チームは延長10回にケリーが満塁弾を浴びて敗れ、地区シリーズでまさかの終戦となった。昨年まで2年連続でワールドシリーズに進出し、「3度目の正直」で世界一を誓っていた前田は試合後に「すごく悔しいですね」と肩を落とした。

 圧倒的な投球だった。2点リードの8回、カーショーがレンドンとソトに連続被弾。7回から救援登板していたエース左腕が同点とされるまさかの展開となり、前田がマウンドに向かった。球場が重たい空気に包まれる中、ケンドリック、ジマーマンとスライダーで連続空振り三振。マウンド上で雄叫びを上げた。さらに、ゴームズもスライダーで3者連続三振。ド派手なガッツポーズを繰り出し、再び雄叫びを上げながらダグアウトに戻った。
《Full-count》

特集

page top