成田凌が活動弁士を熱演!周防監督最新作『カツベン!』本ポスタービジュアル解禁  | NewsCafe

成田凌が活動弁士を熱演!周防監督最新作『カツベン!』本ポスタービジュアル解禁 

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
成田凌が活動弁士を熱演!周防監督最新作『カツベン!』本ポスタービジュアル解禁 
 『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』で知られる周防正行監督の最新作『カツベン!』(12月13日より全国公開)よりポスタービジュアルが解禁となった。


 周防監督が今回選んだテーマは「活動弁士」、通称“活弁(カツベン)”。サイレントのモノクロ映画に楽士の奏でる音楽と共に、独自の“しゃべり”で観客を引き込む七色の声を持つ天才的な活動弁士の主人公には、本年度アカデミー賞新人俳優賞を受賞した成田凌が抜擢。「声」にまつわる壮絶なオーディションを勝ち抜き、映画初主演に挑戦する。ヒロインには若手最注目の黒島結菜。さらに永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、池松壮亮、成河(ソンハ)、酒井美紀など周防組初参加の面々に加え、竹中直人、渡辺えり、小日向文世、山本耕史ら周防作品おなじみの実力派キャストたちが集結。今まで自ら脚本も手がけてきた監督が、長年周防組の助監督をつとめてきた片島章三氏が書いた脚本にほれ込み、自身初となる自らが書いていない脚本の映画化へ挑戦する。

 今回解禁となったのは成田凌務める主人公・俊太郎が、燕尾服に蝶ネクタイをし、“カツベン”の正装姿で挨拶をする様子が印象的な本ポスタービジュアル。その姿はまさに映画『カツベン!』の始まりを告げるかのよう。また成田の周りには、ヒロインの黒島結菜をはじめ、本作に登場する個性豊かなキャラクターの姿が映り、成田演じる俊太郎の周りで巻き起こる壮大な物語を感じさせます。周防作品でおなじみの竹中直人や渡辺えりのユーモアのある表情からは、本作に面白さあふれるコメディ作品の要素が含まれていることも伺える。また一番後ろでは、成河演じる映写技師がスクリーンに無声映画を映しだし、その前で俊太郎が“カツベン”を披露している姿も。まさに「日本映画」をテーマにした本作ならではの要素満載のポスタービジュアルになっている。

 果たして成田はどんなカツベンを見せてくれるのか!「恋も、笑いも、アクションも、しゃべってみせましょう!」のキャッチコピーで、ひとりの活動弁士を夢見る青年が説明する一世一代のカツベン、そして彼が巻き起こす物語に注目だ。

(c)2019 「カツベン!」製作委員会
《AbemaTIMES》

特集

page top