【ネタバレなし】三谷監督の新境地!? 『記憶にございません!』はただのコメディではない! あまりにもリアルで「現実」なのか「非現実」なのか区別できないYO | NewsCafe

【ネタバレなし】三谷監督の新境地!? 『記憶にございません!』はただのコメディではない! あまりにもリアルで「現実」なのか「非現実」なのか区別できないYO

芸能 ロケットニュース24
【ネタバレなし】三谷監督の新境地!? 『記憶にございません!』はただのコメディではない! あまりにもリアルで「現実」なのか「非現実」なのか区別できないYO

【ネタバレなし】三谷監督の新境地!? 『記憶にございません!』はただのコメディではない! あまりにもリアルで「現実」なのか「非現実」なのか区別できないYO


不平不満がゼロで、みんながニコニコ笑っている世の中……ってちょっと怖くない? きっとそんな世界はあり得ないし、仮にあろうものなら『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造(もぐろふくぞう)がやって来て、最後に「ドーン!」となってジ・エンドだろう。


何が言いたいかというと、満足しない点があるからこそ、この世はより良くなっていこうとするのではないかということだ。2019年9月13日に公開された映画『記憶にございません!』を見て、そんなことを感じた次第である。


・登場人物たちのモデルは実在した……? 
映画『記憶にございません!』は『古畑任三郎』をはじめ、数々のヒット作を世に放ち続ける三谷幸喜さんによる最新作。ものすごく簡単に内容を説明すると、国民から嫌われている総理大臣・黒田啓介がある日、石をぶつけられたことで記憶喪失になり、すべてを忘れしまうというものだ。


記憶を失う前の黒田と言えば、何かにつけ「記憶にございません」のセリフで逆切れするという、最低っぷり。さて、このタイトルからピンときた人も少なくないだろうが、登場人物たちはモデルが実在する(した)と思われる。がしかし、あくまで映画。いずれも作品内における、架空のキャラクターなのだそうだ。


しかし作品を見進めるにつれ、この世界が現実か非現実か区別がつかなくなってくること必至。詳しくは本編をご覧いただければと思うが、随所で「あ~こんな人いたなあ」「絶対リアルでもこんなこと言ってるでしょ」などと思わずクスっとしてしまう。


・ただのコメディではない

《ロケットニュース24》

特集

page top