西武、劇的サヨナラ勝ち! メヒアが決勝打、鷹敗れればM10点灯 ロッテ連敗 | NewsCafe

西武、劇的サヨナラ勝ち! メヒアが決勝打、鷹敗れればM10点灯 ロッテ連敗

スポーツ フルカウント
延長10回にメヒアがサヨナラ打を放ち西武が劇的勝利【写真:荒川祐史】
■初回に森が先制の22号2ラン、6回には山川が場外弾

■西武 4-3 ロッテ(14日・メットライフ)

 西武が劇的なサヨナラ勝ちで2連勝とした。14日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦。初回に森の22号2ランで先制すると、6回には山川が場外へと飛び出す特大42号ソロを放ってリードを広げた。9回に同点に追いつかれたが、最後は延長10回にメヒアがサヨナラ打を放って勝負を決めた。

 初回、1死から源田が右前安打で出塁。ここで打席に入った森はロッテ先発・西野のボールを捉えた。打球は高々と舞い上がり長い滞空時間の末に右翼ポール際スタンドへと飛び込んだ。先制の22号2ラン。自身初の100打点に王手をかける、値千金の一発となった。

 1点リードの6回には、山川が再びリードを2点に広げる42号ソロ。西野の高めの真っ直ぐを弾き返すと、打球はメットライフドームのコンコースへと飛び出していく場外弾。超特大の一発で再びリードを広げた。

 9回に守護神の増田が2本の適時打を打たれて追いつかれたが、延長10回にメヒアが自身3年ぶりのサヨナラ適時二塁打。西武が劇的な幕切れで勝ちをおさめ、10回を無失点に封じた4年目の國場がプロ初勝利。この日ソフトバンクが日本ハムに敗れると、西武にマジック10が点灯する。

 ロッテは痛い連敗。先発の西野が森、山川の2本の本塁打に沈んだ。9回に増田からレアード、岡の連続適時打で同点に追いついたものの、延長10回に東妻がサヨナラ打を食らった。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top