【MLB】菊池雄星「甘い球を打たれてる」 自己“最短”の3回途中5失点KO「年間通して同じ」 | NewsCafe

【MLB】菊池雄星「甘い球を打たれてる」 自己“最短”の3回途中5失点KO「年間通して同じ」

スポーツ フルカウント
10敗目を喫したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
■マリナーズ史上6人目の新人30先発も…日本人ルーキーでは6人目の2桁黒星

■Wソックス 9-7 マリナーズ(日本時間14日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は13日(日本時間14日)、本拠地ホワイトソックス戦に先発し、今季10敗目(6勝)を喫した。マリナーズ史上6人目となる新人での30先発の節目の登板となったが、「ショートスタート」での先発を除くとメジャー“最短”の2回1/3、10安打5失点でKO。チームも7-9で敗れ、2連敗を喫した。試合後には「ボール自体は悪くなかったけど、決めきれなかった」と振り返った。

 菊池は初回にアブレイユに33号ソロを浴びて先制点を献上。その裏、味方が3得点で逆転したが、2回にアンダーソンに適時打を浴びて1点差に。3回には先頭のヒメネスに四球を与えると、モンカダに適時三塁打を浴びて同点。メンディックに勝ち越し適時打を許し、エンゲルには4号ソロを被弾してKOされた。
《Full-count》

特集

page top