香港~深セン「越境」高速鉄道に乗ってみた デモで「混乱」のなか、列車は定刻運行 | NewsCafe

香港~深セン「越境」高速鉄道に乗ってみた デモで「混乱」のなか、列車は定刻運行

車・乗り物 乗り物ニュース
 深セン北駅に到着した広深港高速鉄道の高速列車(2019年9月7日、草町義和撮影)。
開業から1年近くが過ぎた、香港と中国本土の深センや広州を結ぶ高速鉄道。「1国2制度」のため飛行機の国際便や鉄道の国際列車と同じように出入境の審査を受けなければ列車に乗れません。大規模デモが続くなか、実際に乗ってみました。

静かな早朝のターミナル

「1国2制度」に基づき中国本土とは異なる政治体制と経済制度を持ち、いまは逃亡犯条例の改正に反対する大規模デモが続いている香港。2018年9月23日には香港~深セン(「セン」は土へんに川)~広州間の約140kmを50分台で結ぶ「広深港高速鉄道」が開業しました。

 開業から1年近く過ぎた2019年9月7日(土)の朝、香港側のターミナルである香港西九龍駅から深セン郊外の深セン北駅まで、高速列車を利用することに。前夜には九龍半島側の旺角(モンコック)などでデモがあり、香港鉄路(港鉄、MTR)が運営する地下鉄の駅が閉鎖されるなどの混乱がありましたが、朝の香港西九龍駅は打って変わって静かでした。 大きな魚が水面から顔を出しているかのようなデザインの駅舎のなかに入ると、目の前には地下深くに伸びる吹き抜けが。一番下に待合スペースらしきものが見えました。 きっぷは日本語対応の予約サイトで購入し、前日のうちに香港西九龍駅で引き取っておきました。きっぷ売り場は「往返香港」(香港発着の高速列車のきっぷ売り場)と「中鉄(香港)領取内地車票」(中国本土内を走る中国国鉄列車のきっぷ売り場)の2種類あります。 香港西九龍~深セン北間なら「往返香港」のはずですが、予約サイトでは中国国鉄のカウンターできっぷを引き換えるよう案内していたため「中鉄」の窓口へ。パスポートと予約番号を駅員に見せると、7時37分発の深セン北行き高速列車(列車番号:G5636次)のきっぷがすぐに出てきました。 予約した2等座(日本の新幹線の普通車指定席に相当)の所定運賃は香港西九龍~深セン北間の40kmで86香港ドル(約1181円)。実際の購入額は予約サイトの手数料も含め1461円でした。上越新幹線 熊谷~高崎間(営業キロベースで40.3km)で普通車指定席(通常期)を使えば2920円ですから、ほぼ半額です。
《乗りものニュース》

特集

page top