西武・辻監督「昨日と今日は大変な2日間」一夜で首位陥落、鷹にマジック点灯許す | NewsCafe

西武・辻監督「昨日と今日は大変な2日間」一夜で首位陥落、鷹にマジック点灯許す

スポーツ フルカウント
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
■前夜の第1戦に勝利し130試合目で初めて首位に立ったが…

■ソフトバンク 3-2 西武(12日・メットライフ)

 西武は12日、本拠地メットライフドームでのソフトバンク戦(メットライフ)に敗れ、首位の座を1日で明け渡した。勝ったチームにマジックが点灯する大一番で、ソフトバンク先発の千賀を攻略出来ず。ソフトバンクのマジック「12」点灯を許した。

 前日11日の試合に勝利し、今季130試合目でついに首位に立った西武だったが、一夜でその座から陥落した。千賀の前に6回まで2安打のみと封じられ、7回に1死二、三塁のチャンスでは栗山、外崎が2者連続三振に倒れて好機を潰した。

 直後の8回、平井がグラシアルに25号ソロを浴びて先制を許すと、無死一、三塁から松田宣に中犠飛を浴びて、この回2点を失った。1点差に迫った9回には高田のスクイズで1点を加えられた。8回に秋山の右適時打で1点を返し、9回にも中村の左越え29号ソロで再び1点差に迫ったが、追いつくまでには至らなかった。
《Full-count》

特集

page top