椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)を人質にとり恫喝! 狂気が加速する『奪い愛、夏』第6話 | NewsCafe

椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)を人質にとり恫喝! 狂気が加速する『奪い愛、夏』第6話

芸能 AbemaTIMES/エンタメ
椿(小池徹平)が瞳(田中みな実)を人質にとり恫喝! 狂気が加速する『奪い愛、夏』第6話
 9月12日(木)夜11時より、AbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』の第6話が放送される。

 本作は、主演の水野美紀とともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平と松本まりかの“豪華怪演陣”が一挙に集結し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマ。テレビ朝日系で2017年1月から3月にかけて放送され、狂気と怪演技、ドロドロの愛憎劇が話題を呼んだドラマ『奪い愛、冬』と同様に鈴木おさむが脚本を務め、全く新しいオリジナル版として放送する。

 自身に契約結婚を持ちかけてきた社長の花園桜(水野美紀)が、恋人の空野杏(松本まりか)と実は元恋人同士だったことを知った椿(小池徹平)は、桜に杏を奪われまいと、部下の姜倫求(テジュ)が用意してくれた群馬の空き家で自給自足の生活を送ることを決意。しかし、椿の行動は徐々にエスカレートしていき、ついに杏を軟禁状態にしてしまった。



 第6話では、そんな椿の行動がさらにヒートアップ。ふたりの居場所を突き止め、杏を奪いに来た桜の秘書・土筆(小手伸也)と二人の同僚・井川瞳(田中みな実)を見つけると、狂気じみた表情に。瞳を人質に、「鍬で目をエグるぞ」「次きたら、俺は躊躇なくお前を殺して、畑に植えて、肥料にするからな」などと脅迫した。


 さらに、自由を欲する杏にも激怒。「部屋に鍵はかけない。その代わりさ…」と手錠を取り出し、足にかけると、「こうしておけば君を奪われないよね」と不敵な笑みを浮かべた。


 一方、杏を奪うことに失敗した土筆は、桜に責められ、椿と杏が住む家に放火することを決意。



 椿と杏は、炎に包まれるふたりの“お城”を見て絶望。その背後からは、再び土筆と井川が迫っていた…!

 果たして、椿は杏を守ることができるのか?杏は、本当の幸せを手にすることができるのか?『奪い愛、夏』第6話は、9月12日(木)夜11時より放送される。
《AbemaTIMES》

特集

page top