ロッテ・小島が本拠地初勝利で念願のツッコミ 「おじまだよ!」冷静投球で3勝目 | NewsCafe

ロッテ・小島が本拠地初勝利で念願のツッコミ 「おじまだよ!」冷静投球で3勝目

スポーツ フルカウント
ロッテ・小島和哉【写真:荒川祐史】
■2回に3失点も配球を変更、ルーキーらしからぬ冷静さ

■ロッテ 6-4 オリックス(11日・ZOZOマリン)

 ロッテの小島和哉投手が11日、ZOZOマリンで行われたオリックス戦に先発登板。序盤に3点を失ったが、中盤以降は変化球主体の投球でオリックス打線を相手に7回86球、6安打3失点の好投で今季3勝目。本拠地初勝利を挙げた。

 試合開始直前から激しさを増した雷雨により、30分遅れの試合開始となった。しかし、先発を任されたルーキー左腕に動揺はなかった。

 試合がいつ始まるかわからないという中、ジョギングなどで体を動かしながら待っていた小島。「崩れやすいので、全力で」と初回に意識を集中。自らの強い気持ちを乗せた全力の直球を中心に、その初回を3人で抑えた。

 しかし2回、オリックス打線にその直球を早いカウントから狙われた。先頭打者、4番・中川に3球目の直球を左翼線の深い位置に運ばれ二塁打とされると、続く白崎には初球の直球を中前適時打。さらにモヤにも初球、外角のカットボールを左翼スタンドに運ばれる9号2ランで一気に3点を先制された。
《Full-count》

特集

page top