【我が家はどっちがお得?】医療費控除とセルフメディケーション税制 違いと得するポイント | NewsCafe

【我が家はどっちがお得?】医療費控除とセルフメディケーション税制 違いと得するポイント

お金 マネーの達人
【我が家はどっちがお得?】医療費控除とセルフメディケーション税制 違いと得するポイント

家族が思わぬ病気や怪我をした人、市販の薬を頻繁に購入しているという人は、確定申告で医療費控除が使えるか気になりますよね。


2019年現在、医療費に関する確定申告では


・ 医療費控除

・ セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)



の2つの控除制度が選べるようになっています。


どちらも制度内容がややこしく分かりにくいのが難点ですが、医療費控除またはセルフメディケーション税制が利用できると所得税や住民税が減らせるので、制度を理解して申告に備える価値はあります。


詳しく見ていきましょう。


1. 医療費控除とは?



診察を受ける

医療費控除は、年間の医療費が10万円(年間の総所得が200万円以下の人は総所得金額の5%)を超えるときに所得控除を受けることができる制度です。


年間10万円以上の医療費というと「そんなに払っていない」と思いがちですが、医療費控除では家族全員の医療費等を合算して計算できます。


たとえば介護保険サービスを利用している家族や、定期的な通院や大きな手術を受けた家族がいれば、年間の合計額が10万円を超える場合も出てきます。


医療費控除の対象となる主なもの


・ 病院の窓口で支払う医療費

《久慈 桃子》

特集

page top