楽天平石監督、則本のボーク判定に納得いかず「今までと何が違うんかと」 | NewsCafe

楽天平石監督、則本のボーク判定に納得いかず「今までと何が違うんかと」

スポーツ フルカウント
楽天・平石監督【写真:荒川祐史】
■6回に長い挟殺プレー後にボーク宣告「まさかあの動きでボークと言われるとは」

■楽天 3-1 日本ハム(11日・東京ドーム)

 楽天は11日、東京ドームで行われた日本ハム戦で3-1で競り勝った。2連勝で貯金1。今季の日本ハム戦カード勝ち越しを決めた。CS争う3位・ロッテとは1ゲーム差で踏みとどまったが、試合後の平石洋介監督は6回の則本昂大投手のボーク判定に納得がいかない様子だった。

 指揮官が“疑問視”したのは、1点リードの6回無死一塁の守りだった。則本が一塁へ素早い牽制。一塁走者・西川を挟殺プレーでアウトにしたかに見えたが、その後の審判団の協議で判定はボークとなった。平石監督は「審判がボークと言うのでね。ボークかもしれないですけど、それまでの牽制と何が違うんかと。色々と言うと批判になってしまうので、映像をしっかり見たいと思います。(審判団は)肩が入ったと。こちらも映像を見てないので、肉眼しか見てないので、なんとも言い難いですけど」と首をかしげた。
《Full-count》

特集

page top